【MY FIRST STORY】無告 歌詞

この広い地球(ほし)の上で 大人になった僕らは

また何かの所為にして 夢を夢のままにした

「僕は悪くないから」と 胸に刺さったナイフを

もう何回も 何回も 知らん顔してた

“サヨナラ”夢に破れた幼き人

憧れたヒーローにはなれやしないんだ

現実に叩き起こされた時

理想郷は離れて崩れ落ちてきた

「何処で間違えたの?」ねえ?

答えてよ 僕の問いに答えてよ

今も何処かにある 叶わぬ「夢」を見たいのなら

応えてよ 僕の声に応えてよ

「心」を隠すこともなく 本当の言葉で

この青い空の下で一人になった僕らは

また傷つかぬように 心に鍵を掛け

僕の事は僕にしか 分からないと決めつけて

もう独りだと独りだと 思い続けてた

お願い、黒い空を飛ぶ極楽鳥

美しすぎる羽根など見せつけないで

全て闇に葬り去るために

最期の火を付け 燃やしてくれ

要らないよ 何もかもは要らないよ

何の意味さえ無く 儚く愛は消えるのなら

要らないよ そんなものは要らないよ

今さら 何を犠牲にしても変わらないから

悲しくて 胸の奥が苦しくて

どんな過去も今も未来も全て変えれるのかな

寂しくて思い出すと空しくて

いつかの理想と現実の狭間の中で

答えてよ 僕の問いに答えてよ

今も何処かにある叶わぬ「夢」を見たいのなら

応えてよ 僕の声に応えてよ

「心」を隠すこともなく 何を見てた?

真実(うそ)を変えたくて 本当の言葉で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です